Pick Up
  • 豊予社ほっぷ
  • 地域情報紙 発行事業
  • 当媒体は、弊社企画、印刷、発行の新聞折込集合広告チラシ、当地域の店舗、企業情報を月1回発信しています。低価格で集客告知が可能です。
  • COCOAR
  • 印刷物+ARサービス事業
  • AR(拡張現実)を使って、印刷物からスマートフォンを通して動画、画像、音声などの情報発信が可能。売上アップに貢献します。
  • 豊予社プリントラボ
  • ウエアプリント事業
  • 宇和島店、八幡浜店を中心に、Tシャツ、ポロシャツなどのウエアプリントを展開中。個人の方も「もちろん」大歓迎です。
  • 豊予社Tポイント
  • Tポイント事業
  • 集客アップ、売上アップに貢献できるためのツールとして、世の中の皆様に喜んでいただけるご提案を実施中です。
 

☐ 会社概要

商  号 株式会社豊予社  (ほうよしゃ)
創  業 大正7年
設  立 昭和23年
  • 所在地
  • ☐本  社 ⋅ プリントラボ八幡浜店
  •   〒796-0010  愛媛県八幡浜市松柏甲771-1
  •   TEL:0894-22-0144
  •   FAX:0894-23-2779
  • 事業所
  • ☐大洲営業所
  •   〒795-0064  愛媛県大洲市市東大洲9-2
  •   TEL ⋅ FAX:0893-24-7736
  • ☐プリントラボ宇和島店
  •   〒798-0080  愛媛県宇和島市新田町1-41  阿武マンション1F
  •   TEL ⋅ FAX:0895-22-6028
資本金 1,000万円
従業員 39名(2016年4月現在)
役員
☐代表取締役社長 菊池  史行
☐取締役副社長 菊池  宏坪
  • 事業内容
  • ☐商業印刷、事務印刷
  • ☐ウェアプリント
  • ☐広告宣伝に関する企画 ⋅ デザイン制作
  • ☐ホームページ企画 ⋅ 制作 ⋅ 運用
  • ☐デジタルコンテンツ企画 ⋅ 制作
  • ☐ARコンテンツ企画 ⋅ 制作
  • ☐情報発信 ⋅ 販売促進 ⋅ 商品開発支援事業
  • ☐T-POINT 代理店業務
  • 所属団体
  • ☐愛媛県印刷工業組合
  • ☐八幡浜商工会議所
  • ☐八幡浜法人会
  •  
  • 取引金融機関
  • ☐伊予銀行
  • ☐愛媛銀行
  • ☐四国銀行
  • ☐愛媛信用金庫
  • ☐西宇和農業協同組合
  • ☐愛媛たいき農業協同組合
  • 本  社 ⋅ プリントラボ八幡浜店
  • 〒796-0010  愛媛県八幡浜市松柏甲771-1
  • プリントラボ宇和島店
  • 〒798-0080  愛媛県宇和島市新田町1番41号
     阿武マンション1F
  • 大洲営業所
  • 〒795-0064  愛媛県大洲市東大洲9-2
     
  
 

Message

印刷✕α=伝える力で地域を幸せで豊かにします

大正7年に創業し、昭和23年に法人化し、愛媛県南予地方で印刷業を愚直に営んでまいりました。歳月を重ねる中で、多くの人々からご愛顧いただいたことで、今日の株式会社豊予社があります。
現在我々をとりまく環境は人口減少、超高齢化、ペーパーレス化、WEBコンテンツの進化など、様々な向かい風があります。
日本の人口の5%である四国、そして愛媛県の中でもとりわけ人口減少率、高齢化率の高い南予地域。環境としては、決してよくないかもしれません。
しかし、日本全国悩みは同じであり、将来の日本を予測すると、私たちの住む地域は「将来の日本の最先端である!」と思っています。そのような地域だからこそ、進取の気概を持ち、常に新しい取り組み、事業をおこしていかなければならないと、日々考えています。
地域に、人に愛されるために、創業以来続けてきた不変なものと、将来のために変化させるものとを重ね合わせ、常に私たちはお客様の困っていることを解決できるサポーターに、パートナーでありたいと考えます。
「地域に必要とされる企業であり続ける」を企業理念とし、日々仕事に取り組んでいます。

  • 豊予社代表取締役
  • 株式会社豊予社
  • 代表取締役  菊池史行
企業理念 地域に必要とされる企業であり続ける
お客様、取引先様、地域の皆様にお伝えしたいこと 印刷✕α=伝える力で地域を幸せで豊かにします
  わたしたちは大好きなこの地域で豊予社に関わる全ての人たちとその家族全員が幸せで豊かなライフスタイルを継続するために進取の気概で仕事に取組み、常に地域になくてはならない創造業であり続けます。
そして、この地域を豊かにします。
大正7年 創業
大正10年 大阪の青山進行堂より新しい印刷機と活字を購入し、八幡浜市千代田町に移り米沢屋印刷部豊予社とする。当時ニューヨーク在住のドイツ人から写真術を習い、八幡浜で写真館を開いた中山近太郎氏に湿版写真術を習い、県下で最初の写真製版を手がける。 (従業員35名)
大正末期 石版 ⋅ コロタイプ ⋅ タオル印刷 ⋅ 洋帳製本 ⋅ 活版印刷を導入。また当時では珍しい四六半裁オフセット機を購入する。
昭和2年 足袋製造の工場だった自宅である松柏に工場を移す。
昭和21年 戦後初めての総選挙(第22回)がおこなわれる。県下の印刷所は空襲で焼けたため、当社が投票用紙の印刷依頼を受ける。当時紙はなかったため、東宇和郡野村町の泉貨紙を使って印刷をする。
昭和27年 四国で初めてモリサワの写植機を導入。
昭和62年 現在の新工場完成
平成2年 菊半裁4色機(KOMORI)を導入。
平成5年 プリプレス部門第1次デジタル化。カラースキャナ ⋅ イメージセッターを導入。
平成9年 プリプレス部門第2次デジタル化。カラースキャナ ⋅ イメージセッターを増設。組版編集機REONET(RYOBI)を導入し、新聞・広報類への対応強化。
平成10年 大洲市東大洲に大洲営業所開設。大洲・喜多郡への営業力強化。
平成12年 2台目の菊半裁4色機(KOMORI)を導入。カラー印刷への対応強化。
平成15年 組版編集機REONET(RYOBI)増設。新聞・広報類への対応強化&スピードアップ。
平成16年 中綴じ製本機導入。頁物の製本加工の対応強化。
平成17年 無銭綴じ製本機導入。頁物の製本加工の対応強化。
平成18年 CTPシステム導入。
平成20年 新プロジェクト「プリント・ラボ」営業開始。ウエアプリントの業務強化。
平成22年 プリントラボ宇和島店開設
平成24年 松山サテライト開設